自毛植毛は医師の実績や機器の導入実績の確認が重要

男性にとって薄毛症状は精神的にも本人に苦痛を与え、また外見的に大きな変容をもたらすものです。

できればこれらを早期のうちに治療し始めるとまだ改善の見込みがあるのですが、しかし仕事で忙しい毎日を送りっているうちに症状は悪化し、さらなるストレスなどで抜け毛は進み、いつの間にか頭髪が失われるどころか頭皮の毛乳頭も縮小して消滅してしまうケースも少なくありません。
こうなると通常の育毛剤の使用やマッサージなどでは改善効果が見られず、またAGAなどが介在している場合にも飲み薬や塗り薬の効果も全く得ることができません。


ただし、このような場合でもまだ医学的に頭髪を取り戻す手段は残されています。
その中でも最たるものが自毛植毛と言えるでしょう。



自毛植毛とはその名の通り、自らの頭髪を用いて薄毛部分に植え付ける手法のこと。


すでに失われた頭髪と同じようにすでに成長サイクルの乱れている頭髪は使用することができませんが、自身の頭髪の中で健康的なものを選り分けて採取し、それを丁寧に植毛することで一生涯使えるような頭髪として育てていくことが可能となります。



このように順調に根を張って育っていくことを定着と呼びますが、自毛植毛は体質的にも全く同じ自分自身の頭髪を植え込むものですのでこの定着率が高く、うまくいけば失われた頭髪をしっかりと取り戻すことが可能となります。


ただし自毛植毛は極めてその技術的な手腕を問われる施術ですので、クリニックや医師を選ぶ際にはできるだけベテランで施術件数の多いものを選ぶのが良いでしょう。さらに最新機器の自毛植毛ロボットが植毛に適した頭髪を自動選別して採取し、それを最小限の切り込みを入れて植毛するという作業も人気を集めています。

これらの導入実績に関しても各クリニックの情報をしっかりと確かめてから選択するのが良いでしょう。