高確率で薄毛を改善できる自毛植毛

自毛植毛は、薄毛を改善するために実施する外科治療で、1年間における世界全体での症例数は20万件にも達しています。
ちなみに、そのうちの約13パーセントは女性の薄毛を対象としており、年齢や性別、原因などは問わないという点も人気を集めている理由となっています。
なお自毛植毛は、主に後頭部の毛根組織を採取して、これを薄毛部分に移植するというのが基本的な内容です。自身の細胞組織を利用するということで、拒否反応やアレルギーなどの副作用が起きる危険はほとんどなく、80パーセント以上の高確率で定着します。これにより、移植先で新しい髪の毛が成長するようになるので、自然な回復を実現することが出来ます。



つまり簡単に言うと、後頭部の髪の毛を利用して薄毛を改善するという内容の治療ということです。
このために、後頭部まで薄毛が進行しているような場合は、自毛植毛を行っても上手くいくことはありません。

なぜなら、活力を喪失しているような毛根組織からは、健康的な髪の毛が生えてくることはないからです。

一方、男性に多く見られる生え際から頭頂部にかけての部分にのみ薄毛が集中しているようなタイプには、自毛植毛は非常に効果的です。



このタイプは、後頭部の毛根組織は健康的な状態をキープしているケースがほとんどなので、移植した先で定着すれば新しい髪の毛が次々と生えてきます。

もちろん、これらは自分自身の髪の毛なので、カットやシャンプーを存分に楽しむことが出来ます。